06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

ハエ目の写真・・・(汗 

ホントにネタがない。しょっぱなからこれはやばい。ということで、今まで撮り溜めた写真の中からハエ目の写真ばかりを集めてアップすることにしました。
何故ハエ目なのかは、深い意味は無いので聞かないでください(ぇ

それでは・・・
ハエ1

アブかハエのなかま(爆
詳しい種類は不明(死

ハエ2

北海道にて・・・小さいけど綺麗。
種類不明・・・

3.jpg

アリのような、全く変なやつだ

4.jpg

とてつもなく変。でもよく見ると個性的でいいかも

5.jpg

写真では判りづらいが、体の色彩と光沢がトリッキー

6.jpg

そこらの林に行くとよく葉の上に止まっているこいつも綺麗。


あまりのネタの無さに・・

とりあえず、どれも種類不明です。ご存知の方はコメントしていただけると大変うれしいです。
スポンサーサイト

テーマ: 昆虫の写真

ジャンル: 写真

[edit]

梅雨・台風・梅雨 

梅雨最中にやってきた台風4号が過ぎ、青空が見えたので、川がどんなことになっているのか見に行った。
(よい子の皆さんは、こういう時は危険なのでなるべく川に近づかないようにしてくださいね(ぇ))

空

一時間前まで暴風域だったとは思えないほどの青空が広がっていた。


近所の川に到着
氾濫1

かなりすごい濁流になっている。なにかでかい物がかなりの速さで流されているのが見えた。

氾濫2


氾濫3

ヤナギ林も水没している。コムラサキの幼虫はどうしているんだろうか?

氾濫4

魚捕りもさすがにできそうにない。

テーマ: 水風景

ジャンル: 写真

[edit]

裏庭の虫 

今日はいつものじめじめが比較的なくて、いい天気だったので何か虫の写真でも撮ろうかと裏庭へ出てみた。
庭と言っても、、狭いもんなのだけれど・・・

トビハムシ類

トビハムシの一種を発見。
最近、庭に植えたシソに虫食いが目立つと思ったらこいつの仕業だったのかー
と思いつつそっとしておいてやった。

ツマグロヒョウモン幼虫

なんか最近庭のスミレがハゲ坊主になったと思ったら、こいつの仕業かー
ツマグロヒョウモン?だと思う。
食われたくないというオーラが漂っているようだ・・・

6-3.jpg

↑捕獲(ぇ


ツマグロヒョウモンはうちのおばあちゃんには見つけ次第殺してくれといわれているが(爆)あまりにかわいそうだったので、近くの土手からスミレを取ってきて植木鉢に植え、そこに放しておいてやった。どれだけでハゲ坊主になってしまうのだろうか・・・楽しみでもある。。

テーマ: 昆虫の写真

ジャンル: 写真

[edit]

田んぼの生き物(その4) 

観察も済んだのでそろそろ網を入れてみることにした。
網といっても熱帯魚の水換えをするときに使うようなごく小さいものだ。

田んぼでは大きい網よりもコレくらいの小さい物の方が使い勝手が良い。しかも通行人にあまり不審に思われなくて済むという最大の利点もあるのだ(爆)

さて、まずは水路を探る・・
ダルマガエルオタマ網

ダルマガエルと思われるオタマジャクシは嫌というほど居る。

カラドジョウ幼魚

次に捕れたこれはドジョウの幼魚・・・・・・

いやいや、こいつは実は海外から持ち込まれた外来魚、カラドジョウというやつだ。
この周辺にはドジョウは滅多に見られない代わりに、ほとんどがカラドジョウ・・・・

川を一本挟んだ隣の地区ではドジョウだらけなのに、この周辺だけは完全にカラドジョウが取って代わっているのだ・・
困ったものだが、もうここまで来ると取り返しが付かないと思う。
・・・放流しないということがどれだけ大切なことかが身に染みて判る。


最後に田んぼでも掬ってみる
ケシカタビロアメンボ類

微小水生昆虫、ケシカタビロアメンボの一種が沢山捕れた。網目のサイズからその小ささが判ると思う。
写真では判りにくいと思うが、体の丸っこさからホルバートケシカタビロアメンボじゃないかと踏んでいるが、詳しくは専門家が見なければわからないほどだからはっきりとは言えない。

夢中になっているうちにそろそろタイムリミットがきて(実は大分過ぎていたorz)しまったのでそろそろ帰ることにした。


田んぼは結構都会であってもかなり色々な生き物が住み着いている場所だと思う。近年の開発の波の中で、生き物が暮らしていける場所として最後に残ってくるのは田んぼなのではないだろうか。しかし最近は田んぼ、特に今回のような休耕田は一枚、また一枚と次々と潰されて、アパートや駐車場にされてしまうことが多い。

この先開発が進んでも、少しでもこういう田んぼが残ればなぁなんて思ってます。

テーマ: 自然の写真

ジャンル: 写真

[edit]

田んぼの生き物(その3) 

さて、本命のハイイロゲンゴロウ探し。
ハイイロゲンゴロウなんて何処にでもいるだろう、と思われるかもしれないが、うちのような大都会の近くとなるとそんなにはみられない。
少し前までは家から2分ほどの所にも発生地はあったのだが、今やアパートになってしまった。

ハイイロゲンゴロウ幼虫1

幼虫を発見!
今年もいてくれた。常に尻を上げて泳いでいるので少しピンボケになってしまった

見つかり始めると次々に見つかる。
いやー、今年も生き残っててよかったよかった

ハイイロゲンゴロウ幼虫2

ユスリカを捕食中の個体(これもピンボケorz)

成虫もちらほら見えたものの、素早すぎて今回は撮影できなかった。
しかもカメラを向けたせいでどこか遠くへ泳ぎ去ってしまった・・・

ハイイロゲンゴロウ幼虫3

捕獲後、容器に入れて撮った写真。

                               つづく・・

テーマ: 昆虫の写真

ジャンル: 写真

[edit]

田んぼの生き物(その2) 

早速田んぼの中を覗いてみた。
パッっと見ただけでも10匹近いオタマジャクシが泳ぎ去っていった。ほとんどがトノサマガエルかダルマガエルのオタマジャクシだった。
おそらくは・・・ダルマガエルだろう。この周辺では、まだトノサマガエルだとはっきり判るカエルを見たことが無い。
ダルマオタマ

うーん、ダルマとトノサマが交雑するか否かも含め、俺にははっきりとしたことは言えないけれど、このあたりはまだダルマガエルの血が濃いんじゃないかとみている。ほんの少し南に行くと、ダルマとトノサマの雑種としか思えないような謎ガエルがわんさかいる。多分交雑してるのだろう。
いや、でも昔からこの地域にはダルマとトノサマが共生してるはず・・両者が交雑するとすればそもそもなんでここに二種のカエルがいるんだ??

まぁ、無い知恵を絞ってもしょうがない。

ダルマガエル1

さて、わきの水路にはカエルも沢山いた。
やはりいるのはダルマガエル。背中線も無くていかにもダルマっぽい。少し足が長い気が・・・あと斑紋がアヤシイ・・・のはお気になさらずに(ぇ
ダルマガエル2

こいつはまぁ典型に近いかな。

ダルマガエル3

典型ダルマと水路。


カエルを観察したところで次は本命のハイイロゲンゴロウだ。ちゃんといてくれるかな


                                つづく・・

テーマ: 自然の写真

ジャンル: 写真

[edit]

田んぼの生き物(その1) 

うちの近所では、田んぼに水が入ってから2ヶ月が経とうか、と言うところだ。
期末テスト直前なのだが、「そろそろいろんな生き物が湧いている頃合だろう」なんて思うと観察に行きたくてたまらなくなる。

そこで息抜きついでに時間を決めて観察に行くことにした・・・・

今日は毎年多くのハイイロゲンゴロウが出る、うちから自転車で10分ほどの休耕田を目的地として出発した。
今年も出てるといいなという希望を持って自転車を走らせること10分、目的地に到着。

田んぼ1

田んぼ2

最近は色々な店が出来て田んぼは潰される一方。目的の場所に行ってみたら田んぼが無かった、なんてこともザラにあるが、ここの休耕田自体はまだ残っていた。とりあえずは一安心。

水路1

手入れされていない草が生えっぱなしの水路も相変わらずまだあった。
手入れされていないということも生き物にとっては意外と重要だったりする。

さて、休耕田も無事現存していたことだし、採集をしよう・・!

                           つづく・・

テーマ: 自然の写真

ジャンル: 写真

[edit]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。