07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

徳之島・鹿児島遠征 エピローグ 

エピローグ

今回の鹿児島・徳之島遠征は色々あったけれど結果としては非常に良いものであった。移動に関しても大きなトラブルは無くほぼ計画通りに行動することができた。
しかし徳之島は水生昆虫をめぐる環境はあまり良いとは言えない、というのも感じた。
まぁまぁ規模がある止水環境はダム湖がほとんどで、ポイントが分からないと水生甲虫を採集するのが難しいばかりか、水面に行くのも困難だろう。
短期滞在だと下手をすれば完全にボウズというのも有り得ると思う。私も運良く水溜りを見つけていなければ採集結果は劇的に変わってしまっただろう・・・。
河川環境はまぁまぁ残っている部分もあったが、中~大河川の多くにダムが建設され、今後は衰退の一方かもしれない。
島には発展・開発を望む看板が見受けられるが、私としては今回のように採集に行ける環境が末永く残るように配慮してもらえれば何よりである。
一方、鹿児島本土では水辺こそ少ないが、一見超ショボそうな水域でコガタノゲンゴロウが簡単に捕れてしまった。ショボそうな池ですらあんな感じということは、良さそうな池を見つけてしまったら怖ろしいほどのムシ達が捕れてしまうんじゃないのか?遠征から一ヶ月以上経った今でも妄想は膨らむ。
鹿児島本土は再び本格的に攻めに行きたい地域だが、果たして今後機会があるだろうか。是非もう一度行ってみたい。

反省点は今回に関してはあまり無いが、強いて挙げるとすれば、密かにターゲットとして設定していたトクノシマチビマルハナノミが捕れなかったこと。
一応水辺ではササッとスイーピングはしていたのだが捕れなかった。時期が問題かもしれない。今後の課題である(と言っても次行くことがあるか・・・)。

私が設定した今年の目標のひとつに「3回以上遠征する」というものがあった。今回の徳之島・鹿児島遠征をもってその目標を無事達成することができた。
今年の遠征はもう無いが、来年は更に多くの場所へ行ってみたいと思っている。
大学生活も気付けば半分終わろうとしているが、今後どのような水生昆虫を採集していけるか、大変楽しみである。

来年の春休みには早速与那国島へ遠征する予定が立っているのは秘密。
スポンサーサイト

[edit]

 |  徳之島・鹿児島遠征 11月4日 »

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2011/12/08 14:44 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2013/02/08 17:14 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2013/03/04 12:11 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://suiseikke.blog110.fc2.com/tb.php/68-b08b0b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。